センターの概要と業務

北海道原子力環境センターの概要

設 置 年 月 日  昭和61年4月1日
設 置 目 的  北海道電力株式会社泊発電所周辺の環境放射線の監視、環境試料中の放射能分析及び温排水影響調査の環境モニタリング、農業・水産の試験研究
所  在  地  北海道岩内郡共和町宮丘261番地1
職  員  数  21名 (他 兼務職員2名、非常勤職員1名)
組     織  所長、次長、主任研究員、総務課(3)、監視課(3)、分析課(4)、農業研究科(4)、水産研究科(2)、札幌分室(2)


業 務 内 容

<環境モニタリング>

1 空間放射線の監視
 地元4町村(泊村、共和町、岩内町、神恵内村)に設置しているモニタリングステーション5局、モニタリングポスト3局及び気象観測局の計9局で空間放射線量率等を自動計測し、テレメータシステムによりデータの収集解析を行っているほか、モニタリングポイント30局で3ヶ月毎の積算線量を測定し監視を行っています。
 測定結果は、当センターのほか、後志総合振興局管内市町村役場並びに後志総合振興局に設置している環境放射線データ表示盤等で見ることができます。


環境放射線データ表示盤
2 環境試料中の放射能分析
 地元でとれるメロン、すいか、生乳などの農畜産物や、ほっけ、たこ、いか等の海産物をはじめ、 陸水、陸土、海水、海底土、浮遊じん(大気中のちり)など39種類の環境試料について放射能分析を行い監視しています。
3 温排水影響調査
 泊発電所の取放水にともなう温排水の影響を調べるため、調査船を用いて水温、流況、水質などの測定を行っています。
<周辺環境の把握>
1 環境放射線の測定
 泊発電所から30km圏内(地元4町村を除く)に設置してある広域モニタリングポスト12局で空間放射線量率等を自動計測し、テレメータシステムによりデータの収集を行っています。
 また、後志総合振興局管内(地元4町村を除く)16市町村における、飲料水や農畜産物及び海産物等の環境試料中におけるガンマ線放出核種の測定を行っています。
 空間放射線量率については、当センターのほか、30km圏内市町村役場並びに後志総合振興局に設置している環境放射線データ表示盤等で見ることができます。
<広報啓発>
1 広報誌「ほっかいどう原子力環境だより」の発行
 環境モニタリングの結果や農業・水産の試験研究成果をお知らせするため、四半期ごとに発行し配布しております。
<農業と水産の研究>
1 農業の研究
 地元の特産品であるすいか、メロンの栽培や、新規導入作物の試験などの調査研究を行っています。
 また、農作物の栄養障害などに関するビジュアル資料の作成を行っており、これまでに「目でみるすいかの栄養障害(平成9年3月)」、「メロンの栄養障害・病害虫(平成10年3月)」、「目で見るスイートコーンの栄養障害(平成14年3月)」、「岩宇地域のメロン主要害虫診断のための写真集(平成22年1月)」等を取りまとめました。
2 水産の研究
 岩宇地区(泊村、共和町、岩内町、神恵内村)沿岸域における磯焼けの原因解明や海洋観測、ウニ類の生理・生態、海草や魚類の餌生物など、岩内湾の海洋環境に即した調査研究を行っています。
 なかでも、航空写真撮影と潜水調査による磯焼けと海藻の分布調査は、当センターが開所した昭和61年から継続して実施しており、平成11年度には13年間の結果をまとめた研究報告を原子力環境センター試験研究第6号として発行しました。
3 原子力環境センター試験研究(ISSN 1343−9189)
 当センターが実施した農業・水産業の試験研究成果を取りまとめた「原子力環境センター試験研究」を不定期に発刊し、研究の成果を広く還元しています。
 

TOP PAGEへ